MENU

誰かに一緒にいて欲しい…

 あれはクリスマスを直前に控えた頃でした、彼女から呼び出されて何だろうと思っていたんですけど、いきなり別れを告げられてしまったのです。
その時クリスマスプレゼントもすでに用意をしていたし、余りにも突然すぎちゃって、頭の中が真っ白状態でした。
茫然自失で彼女に対して言う言葉そだ見つからなくて、自分の前から姿を消した後に、一気にショックが襲ってきました。
一人暮らしのアパートに戻ってから、彼女に買ったプレゼントを見つめて何が起こったのかを今一度考えてみることにしたのですが、全く思考が働かないのです。
その日は夜も眠れないくらい、何だか気分がモヤモヤしていました。
今までデートだってとても楽しそうにしてくれていたのに、突然お別れするなんてやりきれない気持ちでいっぱいになってしまいました。
よくアパートにも遊びに来てくれたから、一気に寂しい気持ちが押し寄せてきたのです。
何とも言えない虚しさを抱えて生活をしていく事になったのですが、耐えきれないほどの孤独を感じてしまっていました。
心の繋がりが途切れてしまうと、本当に抜け殻の様になってしまうものですね。
1週間たっても、3週間経っても、1ケ月が経過しても、全く気持ちが晴れることがありませんでした。
友達に励まされたりもしたけれど、どうしても気持ちを立て直すことができません。
そんな時に、インターネットを見ていて神待ちというものを知ることになりました。
家出して困ってて、宿泊させてあげることができると言うのです。
今は異性と一緒にいたい気持ちが強かったから、とっても魅力的なものだって感じてしまいました。
神待ちはセックスができるという部分ではなく、一緒に一晩過ごして欲しいという思いが強くありました。
性的な関係ではなく、癒しを求めていた自分にとって、素晴らしい相手になってくれるんじゃって考えてしまったんです。